2019年12月18日

■今更02R96のレビュー その4(再掲)


YAMAHA 02R96 のレビューを過去の自分のBLOGから引っ張り出して再掲します。
今回はその4。

-------以下再掲部分------

今まで「続きのレポートはまた後日」と書いて、それっきりというのが
多かった。いやそればっかりだった(笑)
今回は珍しく飽きずに続けているな。うん。えらいぞ。おれ。

ということで、今回からは肝心の出音の面に迫ってみよう。

まずは、新型の大きな構造の違いから先に述べてしまおう。

新型はミキサー内部の音声信号を自由にパッチングできるように
なっている。たとえば、24chのフェーダーにアナログ入力のch1に
入った信号をパッチングしたり、オプションボードからの入力を
好きなフェーダーにアサインしたり、BUS1のアウトをデジタルアウト
に繋いだり、更に各チャンネルに好きな名前を付けられるようになっており、
かなり自由度が高い設計になっている。

つまりは自分がやりやすいようにカスタマイズできるようになっている。
うまくカスタマイズすれば、LAYERの行き来を最小限に抑えて迅速に作業
ができるようになるのだ。

旧型ではオプションボードでI/Oを拡張する時は、オプションボードを
差すスロットに制限があったが、新型ではどこにボードを差しても良い。
SLOT1のチャンネル1の信号を本体チャンネル1にアサインして、
SLOT3のチャンネル5の信号を本体チャンネル2にアサインする
という事が可能になっている。

次はエフェクト系。
旧型では内蔵エフェクターが2基搭載されていたが、2基となると
コーラスとリバーブ、ディレイとリバーブ、のような基本的な組み合わ
せになってしまい、飛び道具的なエフェクトを使いたい場合はどうしてもア
ウトボードに頼らざるを得なかった。
新型では4基のエフェクターが搭載されているので、リバーブ、コーラス
に加えて、更に飛び道具的なエフェクトを使用できるようになっている。
場合によってはエフェクト面は内部完結させる事ができるだろう。
4基中1基はサラウンドエフェクトに対応しているのもポイントだ。

旧型に比べ各エフェクトのバリエーションは減っているのだが、その代わり
にマルチバンドコンプレッサーなどの今までになかったエフェクターが
増えている。
エフェクトの利きも旧型に比べるとなかなかだ。旧型のコーラスやリバ
ーブはデジタル的で、綺麗ではあったのだが、いまいち線が細く、効果
が今ひとつだったが、新型のエフェクトは全体的に音が主張している。

旧型同様AUXも8つあるので今まで通りアウトボードを使う事もでき
る。更にAUXも自由にパッチングできるのでデジタルアウトにパッチン
グしてデジタルのまま音を加工する事も可能だ。

インサートエフェクトも全チャンネルに渡り可能で、インサート端子に
機材を繋げたまま即座にインサートのON・OFFが切り替えられるよ
うになった。
アナログのインサート端子は1chから16chに限られるが、
デジタルイン/アウトや、オプションボードで拡張したI/Oもイン
サートにパッチングできるので、困ることはほぼ無いだろう。

その他には、各CHにディレイが搭載されているのは旧型と同じなのだ
が、新型では旧型になかった[MIX]、[FEED BACK GAIN]のパラメータが
追加になっている。旧型のディレイは左右に広げるとか、タイミング補正
程度にしか使えなかったが、新型はエフェクターのディレイとしても使用す
る事が可能になった。

今日はここまでにして、次回はダイナミクス系のレポをする事にしよう。

<次回に続く>
posted by 橋本彦士 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽