2013年06月24日

ブレイブフロンティア iphone

brave_frontier.png

新生「エイリム」が満を持して放つiphone用アプリ
「ブレイブ・フロンティア」のサウンド全般を担当させて
頂きました。間もなく配信開始との事です。
(android版は夏だそうです。)

王道ファンタジーの世界観で繰り広げられる、
爽快感をとことんまで追求したサクサクRPGです。
美麗で懐かしいドットグラフィック、アニメーション、
そしてキラキラエフェクトが炸裂!

BGMは内蔵音源から解放され、wav納品っすよ!
曲数もiphoneアプリにしては、かなりあります。

下記サイトで、配信に先立ってBGMがいくつか公開
されていますので、よろしかったらお聴きください。
(記事タイトル 照れくさいっす。)
■ファミ通App内、連載記事

http://app.famitsu.com/20130610_173924/

■公式サイトはこちら。事前登録で特典がもらえます。

http://www.a-lim.jp/brave/top/top_pre.html

■オープニングムービー


posted by 橋本彦士 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2010年07月29日

■まぼろし月夜

おひさしぶりです。あまりの更新のなさっぷりに各方面から多数の
生存確認をされました(笑) すみません。
公私共々忙しいです。さてさてこの蛹状態をいつ抜け出せるでしょうか。

98年にPS用ソフトとしてシムス株式会社さんから発売された「まぼろし月夜」
がPS3のオンラインストアのゲームアーカイブスで配信されました。

このソフトのOPとEDを担当させて頂きました。

OP曲「そよ風の訪問者(Visitor)
作詞、歌唱:REM
作曲、編曲:橋本彦士

ED曲「まぼろし月夜」
歌唱   :REM
編曲   :橋本彦士

PS3とPSPでプレイ可能ですのでプレステ処分しちゃったよ!
という方や、ひさびさにやってみようかなぁという方や、最近
DeviceHighを知ったという方はこの機会に是非是非に!

ヒロインのあやめ役に堀江由衣さん、その他にも南央美さん、
かかずゆみさん、長沢美樹さん、雪乃五月さんなど、多数の豪華声優
さんが出演なさっています。ストーリーもいいですよ。泣けますよ。

もう10年以上経つのか・・・。
振り返ると何一つできていない自分に後悔しきりですね〜。
まぁ、がんばりましょう。
posted by 橋本彦士 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

■ときめきメモリアル Girls Side 3rd Story

お知らせ二つめです。

サウンドエイムスさんのお手伝いで
コナミデジタルエンタテインメントさんより発売されたDS用ソフト
「ときめきメモリアル Girls Side 3rd Story」
のBGMを3曲ほど担当させて頂きました。

・設楽聖司のテーマと演出用のBGM2曲
設楽のテーマは少し懐かしい感じのメロディに今風のリズム隊を
のせています。この曲はベタベタの歌詞を付けて歌物にしてみた
いです。できればデュエットで(笑)

興味のある方はお手に取って頂けるとうれしいです。
ちなみに女性向けです。でも男性もどうぞ。とめません(笑)
サントラも出ていましたが、既に完売との事です。


posted by 橋本彦士 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2009年11月23日

こんなの出てたんだ!!!!

BAYONETTA(PS3版)をやっていたら、随所に80年代の体感ゲームのリメ
イクBGMが流れてきてなつかしかった!
このBGM、今の若者が聴いてもなんのBGMかは全然わからないんだろうな(笑)
そのゲームが発売されて、もう20年近く経ちますからね。

そうそう、BAYONETTAはロードがちょっと重いですが、なかなか面白いです。
音楽もフレンチポップを基調にしたテクノやファンク、大合唱のコーラスを
フィーチャーした壮大なオーケストラなど、なかなか良かったです。

----
で、体感ゲーム繋がりでこんなCDを発見してしまった。

■SEGA MOTORCYCLE MUSIC HISTORY
http://ebten.jp/p/4571164389776/

【SEGA MOTORCYCLE MISIC HISTORY 収録タイトル】
1.エンデューロレーサー (アーケード版・1986)
2.レーシングヒーロー (アーケード版・1990)
3.ABコップ〜エアーバイクコップ (アーケード版・1991)
4.クールライダーズ (アーケード版・1995)

この2と3の2作品は、橋本がまだ駆け出しの頃の作品です。
当時は、アフターバーナー、ギャラクシーフォース、ハングオン
などのセガの体感ゲーム(大型筐体ゲーム)が全盛期でした。
そんな時代のまっただ中に、セガの体感ゲームのサウンドを担当させて
頂いたのはとてもうれしかったですね。
当時、CD発売の話も無くもなかったのですが、大人の事情で流れて
しまったので、20年越しの念願が叶った気持ちです。

2のレーシングヒーローは、ステージ2、Stage Select、タイトル以外は
全て橋本が担当しています。

3のA.B.COPは、コイン投入画面、ステージ1、ステージ2の3曲を
担当させて頂きました。

この2作品、俗に、アフターバーナー基盤と呼ばれていた体験ゲーム用
基盤で、当時はまだポリゴンなんて出ませんでしたが、スプライトが画面
を覆い尽くすくらい表示できて、サウンドのスペックは
FM音源8音+PCM8音(ピッチ可変)
という、当時にしてはハイスペック(今にしてみれば携帯にも負けてます
が(笑))な仕様でした。

当時、家庭では、ファミコン、MSX、セガマークIIIなどの8ビット機
が主流で、メガドライブが出るか出ないかの頃でしたから、ゲーム音楽
と言えばPSG3音+ノイズのピコピコ音が普通だったんです。

アーケードのゲーム音楽CDが出始めたのもこの頃からでしたね。
セガはコナミと同時期くらいに、いち早くゲーム音楽に力を入れ、CD
を出したりライブをやったりして、ゲーム音楽を盛り上げるのに一役買
っていました。

このCD欲しいんですけど(笑)ってか、もう在庫切れだし。
あ、発売元はウェーブマスターさんか。久々に連絡取ってみようかな。




posted by 橋本彦士 at 14:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽