2007年08月04日

オンエアしたのでライナーノートなど

「イノセント・ブルー」お聴き頂けましたでしょうか。
アニメもオンエアになり、次第に全容が見えてきたので、ライナー
ノートでも書いてみましょう。

この仕事のお話が来た時は、あくまでもニュートラルで、むしろ明
るめで、というものでした。さらに詳しい事は放送が終わってから
という事で(笑)

あとは、これをどう料理していくか、依頼を基に落としどころを探
っていきます。

恋(恋だ愛だの書くのはこっぱずかしいね)の始まりっていうのは
一般的に楽しいもの。いわばハイ状態なんですね。些細な事で一喜
一憂したりもする。
こんな行ったり来たりする感情を、Aメロで少し不安げに、Bメロ
で自分を励まし、サビで希望が開ける。
そして、ハタと冷静になって、2番のAメロでまた不安になるとい
う(笑)  こんな構成にしています。

メロもどことなくレトロでしょ。なんとなく懐かしいような感じで
、10年くらい気持ちがそこに戻ってしまう。それと同時に自分の
学生時代もなんとなく思い出して頂けたらうれしいです。
リアルタイムでティーンエイジャーの人はちょっと戻り過ぎちゃ
うか(笑)

アニメを見ていてもその演出の斬新さに驚かされます。
前半15分、後半15分 ここで躁鬱の波が見事に描かれています。
そして、物語を構成するひとつひとつの小さな要素は、少しデフ
ォルメされてはいるものの、実にリアリティに溢れていると思う
のです。
それが積み重なって衝撃的にストーリーが進んでいく。

ビームやレーザーも出ないし、大爆発だって起らない。魔法だっ
てないし超能力もない。あくまでも純粋な人間ドラマなのです。
そして、毎回、昼メロ並みに後を引く終わり方。昼メロは翌日見
られますが、これは1週間待たされてしまう。これは見る側から
すれば、いても立ってもいられない状況になる訳です(笑)

イチイチつっこみを入れながら楽しむもよし、本気で感情移入し
て怒りまくりながら見るもよし、といろいろな見方ができるアニ
メだと思います。

B面の「Dancin' JOKER」はA面とはうってかわって、CLUB JAZZ
テイストのサウンド。流行ものというよりはもはやスタンダード
なんでしょうか。

れむにゃんの意向とは違う方向に行ってしまったようですが、最
終的には気に入ってくれているようです。
れむにゃんも言っていましたが、少し毒があります。
A面のあからさまなポップなものとは対になるような音です。
なんでもありなDeviceHighをあくまでも作品に合う範囲内で、か
つマキシシングルという少ない曲数なりにもアピールしてみたかっ
たのです。

こういう音にはたいてい野太いR&B系の歌がのるものですが、あえ
てウィスパーで。ちなみにギターは必死に自分で弾きました(笑)

サブウーハーをお持ちの方はお気づきかもしれませんが、一般家庭
用のスピーカーでは聴こえにくい重低音が多めに入っています。
ですので、この曲はカーステで大音量にして低音をブンブンさせな
がら聴くのがなかなかオツですよ。

これからもテクニックの及ぶ範囲で、いろんな曲調にチャレンジし
ていきたいですね。
posted by 橋本彦士 at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
devicehighさんのイノセントブルー、
内容がすごいものだっただけに曲を今頃思い出して
買いました。
とってもさわやかで、ノリもいいし。本当に自分のツボにはまりました。
逆に内容のほうが歌に沿うような感じで終わってほしかったと思うくらい善かったです。
Posted by らんらんるぅ〜 at 2007年12月07日 03:50
>らんらんるぅ〜さん

はじめまして。お返事が遅くなってしまいまして申し訳ありません。
イノセント・ブルーの方、お聴き下さいましてありがとうございます。

スクールデイズの序盤の方はさわやかだったのですが、ま
さかの展開でしたね(笑)
回を追うごとに次第にシリアス展開になり、OPの爽やか
さとのギャップが開いていくのをむしろ楽しんで頂ければ
幸いです。

これを貴会に、またこちらのサイトにお立寄下されば幸いです。

Posted by はしもと at 2007年12月11日 06:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4919664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック