2006年01月06日

ファインモールド TIE-FIGHTER

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

年明け最初のネタはプラモデルである。
だいぶ前に入手していたファインモールドの「Tie-Fighter」を
仕事の合間にコツコツと作っていたのだが、それがようやく完成
した!

電飾をしたかったので、あちこち改造してある。

●改造箇所
・コクピット内部に赤のLEDを内蔵
 操縦士と操縦桿の間に挟むようにLEDを配置。
 窓から見えないコクピット内部には反射素材を貼り付けて
 コクピット内部がまんべんなく赤くなるようにしている。
 映画では、操縦桿の真ん中にあるディスプレイがコクピット内
 を赤く照らしているので、その感じを出すためである。
 あとは、LEDの光がボティを透けないようにボディ内側に
 遮光処理をしてある。

・コクピットの床下に緑のLEDを内蔵
 ずばりビーム用(笑)
 レーザーの発射口に穴を開けて、光ファイバーで内部の
 LEDの光を外に導光している。まさにレーザー発射中!
 そのうちクリアオレンジで塗るかも??
 こちらもLED近辺に遮光処理。

・内部配線のプラス、マイナスをそれぞれ右と左に引き
 回して、ボディの外に目立たないように接触端子を出し
 ている。スタンド側にも接触端子を用意して、そこに3V
 の電源を乾電池から供給している。TIE-FIGHTERをスタン
 ドにセットすると電源が本体に供給されて発光する。

・組立説明書の指定の色に微量の青を混ぜた。
 TIE-FIGHTERの色は、エピソード4では灰色だったが、
 エピソード5、6ではブルーになっている。俺はこちら
 の色の方が好みなのでブルーバージョンにした。
 塗装は、つや消し剤を混ぜてエアブラシで吹いてある。

まずは普通に。ストロボのせいで電飾がわかりにくい・・・
DSCF0006.JPG

ちょっと斜め。
DSCF0008.JPG

銀河をバックに。
DSCF0009.JPG

ストロボをオフにして撮影、ちょっとブレているが電飾の様子が
おわかり頂けるだろうか?
DSCF0019.JPG

レーザー発射!! 操縦士の姿もなんとなく確認できる。
DSCF0021.JPG

銀河をバックにレーザー発射!!
DSCF0023.JPG


次はX-WINGを制作予定である。今回のTIE-FIGHTERのレーザーの先に
X-WINGを置き、激しい空中戦の一コマを写したジオラマになる予定だ。

それにしてもファインモールドのプラモは良く出来てる!
既に出ている海外のSTAR WARSのキットは、どれも大味でイマイチ購入
意欲がそそられなかったが、ファインモールドのキットは箱の中身を
見た瞬間に欲しくなった。細かい事を言い出すとキリがないが、現時点
では、最高のキットだと思う。今回組み上げた勢いで「TIE インター
セプター」も欲しくなってしまった。

ミレニアムファルコンもそのうち欲しいなぁ。部品点数900点って
凄い(笑)

posted by 橋本彦士 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル・模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/253430
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック