2005年12月23日

教授 playing the piano/05に行ってきた。

今日は坂本龍一のピアノコンサートに行ってきた。

ステージにMIDIピアノを2台並べての演奏で、とにもかくにも
素朴。エコロジーに配慮してか照明もPAも最小限で、素に
ピアノの演奏を楽しむという趣だった。リズム体がいない事
がわかっていたので物足りなく感じるかもと思いきや、予想
よりも楽しめたライブだった。
教授もとてもリラックスしていた様子で、演奏もすばらしか
った。今日はアンコールが4回もあってサービスも満点。
(いつもはもうちょっと少ないらしい)
「Riot in Lagos」や「チベタンダンス」、「千のナイフ」な
どのピアノで奏でられる懐かしい楽曲では、頭の中で勝手にリ
ズム体が鳴りだし、それがかえって80年代当時ワクワクしな
がらリアルタイムで聴いていた頃にタイムスリップさせる。

とにもかくにも、新しくもノスタルジックな良いライブだった。

演奏曲目は写真を参照のこと。








posted by 橋本彦士 at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/222511
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック