2019年12月18日

■今更02R96のレビュー その5(再掲)


YAMAHA 02R96 のレビューを過去の自分のBLOGから引っ張り出して再掲します。
今回はその5。

-------以下再掲部分------

引き続き02R(旧型)と02R96(新型)の比較レポだ。
今日はダイナミクス系のレビューから始めてみよう。

旧型が出た当時、ミキサーの選択肢は非常に限られていた。
時代はまだアナログミキサー全盛で、02Rはその中にあって大変
インパクトのある商品だった。性能やコスト面で群を抜いて際立っ
ていた。この価格帯でチャンネル毎にコンプが搭載されているなん
て夢のような出来事だったのだ。当時にもアナログ卓にチャンネル
毎にコンプがついているものはあったが、それはウン千万もする高
級なミキサーだけだった。

例えばチャンネル毎にコンプがついていない中堅どころのアナログ
卓を導入したところで、O2Rに内臓されているチャンネル数分の
コンプを揃えたらどれだけのコストがかかるだろうか。

しかしながら、これだけの数のダイナミクスエフェクトがついていて
も落とし穴があった。旧型はノイズゲートとコンプはどちらかを選
択する方式で、併用できなかったのだ。しかもコンプをかけたい機
材に限ってノイズが多い。

特にリズムマシンは、パラで沢山のチャンネルを使用する事が多いので、
マスターに混入するノイズも使用チャンネル数分増えてしまう。し
かもコンプレッサーを使うと、どうしてもダイナミクスレンジが狭
められて、ノイズも増大する。

コンプでノイズ増大>だけどゲートは使えない>ノイズが増える
の悪循環だったのだ。
更に旧型はコンプの効きもイマイチだった。いやカッチリ効いてい
るのだが、アタック部分が数学的で、音楽的ではなかった。
なので「無いよりは良いか」程度の使用法しかしていなかった。

しかしながら新型はこれらの部分に大改良を施している。
操作性の向上は過去のレビュー通りだが、その操作性に加えて、
ノイズゲートとコンプレッサーが各チャンネルに独立して設けられ
ている事が大変うれしい!
さらに驚くべき点は、そのコンプの効き具合だ。旧型と比べて大変
効きが良く、音楽的で、アナログコンプっぽい挙動をしてくれるの
で大変使いやすくなっている。
各チャンネルにゲートをかけながらコンプをかけられるというのは
大進歩だ。

新型にはアドオンエフェクトというオプションがあり、いろいろな
ダイナミクス系エフェクトやEQ、リバーブなどを追加する事がで
きる。
こちらは主にマスタリングを意識した仕様になっていて、更にアナ
ログっぽい挙動をシミュレートしてあるとの事なので、いつか入手
したらレポをする事にしよう。

次はEQの出音部分に触れてみよう。
その操作性の違いに多少戸惑いがあるものの、パラメータを直接弄
れる確率が増しているので、慣れてくれば快適になるだろう。

肝心の出音の方は、新型は「TYPE I」と「TYPE II」
の2種類のアルゴリズムが用意してあり、適宜切り替える事ができ
る。「TYPE I」は今までのデジタルミキサーで使用していた
アルゴリズムで「TYPE II」は今回新たに追加されたアルゴ
リムズである。

「TYPE I」はとてもデジタルな効きで、ピンポイントにかけ
て、かっちり音作りしたい時に向いている。これは旧型と同じ挙動
だ。それに対して「TYPE II」はざっくりとかかり、アナロ
グ的な挙動をするので、聴いた時の違いが解りやすいので、使いや
すいと思った。この辺は好みと対象となる音に応じて適宜切り替え
るのが良いだろう。このように選択肢が広がるのは良い事だと思う。
あえて旧型のアルゴリズムも搭載されている事も好感がもてた。
新型にリプレースしたあとに旧型でミックスした素材をリミックス
する時に音の復旧が楽になるだろう。

<次回に続く いよいよ最終回>
posted by 橋本彦士 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186931938
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック