2019年12月18日

■今更02R96のレビュー その3(再掲)


YAMAHA 02R96 のレビューを過去の自分のBLOGから引っ張り出して再掲します。
今回はその3。

-------以下再掲レビュー部分-------

意外にサンレコ口調は難しいのだ!!
あの煽るような小気味良い口調はなかなか真似できないものだ。
たいてい冒頭に本題に関係ない話が少しあり、オチが来た後に本題
というパターンが多い(笑)

--
引き続き比較レポを掲載する。操作編の前回の続きから行ってみよう。

EQ操作に関しては前述したが、ひとつ思い出した事があるので書い
ておこう。
旧型のEQはFREQボタンをダブルクリックする事で数値が即座に
ゼロになる機能があり、これが意外と便利だった。
新型にはFREQボタンが無いので、これを再現するのは難しいかも
しれないが、エンコーダーのひとつがボタン付なので、これをダブル
クリックする事で数値がゼロになるというのもアリだと思った。

次はダイナミクス系に移ろう。
コンプレッサーやゲートなどのダイナミクス系の操作に関して新型は
大進化を遂げている! なにせコンプの各パラメータに専用のエンコ
ーダーが付いているので、各パラメータに即座にアクアスでき、ON/OFF
も即座にできるようになっていてかなり使い勝手が良くなっている。
詳しくは後述するが、新型はゲートとコンプの併用も可能になっている。

次はパン関係。
「LINK,GRAB,EFFECT」などのボタンが表に出ているので、同じく
パラメータへのアクセスが向上している。従来のエンコーダに加え、
サラウンドパンニングの位置を編集できるジョイスティックが付いている
ので、前後左右の位置を即座に合わせる事ができる。
オートサラウンドパンも装備し、様々なパターンで音像を移動させる
事が可能だ。

パンは従来のエンコーダーによるエディットとパラメータホイールによる
エディットの他にエンコーダーモードを「PAN」にアサインした時に
もエディット可能になっているので、これもまた旧型よりもアクセスが
容易になっている。

エンコーダーモードとは各chについているエンコーダーに特定の
機能をアサインできる機能だ。旧型ではレイヤーの裏側になっているCHの
ボリュームを変えたりする事ができた。
新型は現在表になっているレイヤーの各CHの「PAN」や「AUX」の他
任意に2種類のパラメーターをアサインしてエディットできるようになった。

更に特筆すべきは、このエンコーダーはボタン付になっていてエンコーダー
を押すことで、アサインされたパラメータを液晶ディスプレー上に一定時間
表示する事ができる。セレクトチャンネルを変えないまま、パラメータの確
認にも使用でき、かなり便利な機能だ。

内蔵エフェクトのパラメータエディットも大きく進歩している。
旧型はカーソルキーとホイールによるエディットしかできなかったが、新型
では液晶ディスプレイ前についているボタンとエンコーダーで迅速にパラメ
ータをエディットできるようになった。

AUTOMIXに関してはいつもシーケンサーに流してしまうので、使う機会
があまり無いのだが、マニュアルを読むかぎりではかなりの改良が施され
ている。AUTOMIXの状態を示す各CHに設けられたAUTOボタンを使用
したり、タッチセンサーを用いた独特の入力方法(カットイン)なども
できるようになったので、より複雑オートメーションが組めるように
なった。

その他には、チャンネルのレイヤーボタンの切替に「REMOTE」モードが
追加され、02R96のフェーダーをDAWや音源のコントロールに使うこと
ができるようになっているので、ProToolsとの連携もバッチリだ。筆者は
マウスでのミックスが苦手なので、こういった心配りはニクイところだ。

操作編の総括としては、パラメーターへのアクセス方法が全体的に増え、
音の作り込みが容易になっているのが特筆すべき点だ。このおかげで
明らかに操作性は向上している。
旧型ではダブルクリックで0セットや、同時押しでペアーになるなどの、
ある意味裏技に近い操作(筆者はこういうのは好きなのだが(苦笑))
をなるべく排除して解りやすいユーザーインターフェイスを目指した事が伺える。

操作編は以上にして(思い出した事があったら補足するかもしれない。)
次回からはソフト面や出音に関するレポートをしてみよう。

<次回に続く>
posted by 橋本彦士 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186931901
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック