2019年12月18日

■今更02R96のレビュー その2(再掲)


YAMAHA 02R96 のレビューを過去の自分のBLOGから引っ張り出して再掲、
今回はその2回目。

-------以下再掲レビュー部分-------

次に操作系、
ユーザー定義可能なファンクションキーが16個ついていて、ここにはよく使う操作
を自由にアサイン可能。その他、曲のロケーターポジションのジャンプスイッチが
8個ついていて利便性が上がっている。

フェーダーに関しては、旧型は17chから24chまではステレオペア扱いだっ
たので(20+1)本のフェーダーがついていた。新型のフェーダーはタッチ
センス付のムービングフェーダーが(24+1)本ついているのでかなりの進化だ。
タッチセンサーは、勝手にチャンネルが切り替わるので、最初はとまどうが、使い
慣れてくると便利な事に気がつく。フェーダーの操作感や動きや音も旧型と比べる
とかなり滑らかになっている。旧型はレイヤーを切り替えると「ザッ!!」と
いうフェーダーの移動音がしていたが、新型のそれはとても静かで滑らかだ。

旧型はAUXのボタンを押すと即座にフェーダーが動いてAUXのセンドレベルを
示したが、新型では「FADER」ボタンと「AUX」ボタンでモードを切り替える
必要がある。

EQの操作部分も大きな変更がなされた。旧型は「FREQ,Q,LEVEL」
の3つのノブと「LOW,LOMID、HIGHMID、HIGH」の4つの
ボタンでパラメータを操作していた。要はノブは各EQで同じものを
使い、ボタンでエディットしたいEQをセレクトするという2段構えだった。
あれはあれで操作するときのストロークが少なくて済んだので楽は楽だった
が、やはりエディットしたいバンドにたどりくつまでの操作回数が増えて
いたのは事実だ。

対して新型は「LOW,LOMID、HIGHMID、HIGH」の各バンドに
2つのノブがついているので合計8個のノブで操作する。
「あれ?EQのパラメータは3つじゃ?」と思うかもしれないが、ノブのう
ちの1つはプッシュスイッチがついていて、それでFREQとQを切り替える。
どうせなら3X4で12個のノブを並べてしまえば良かったと思うが、
パラメータが表に出ている分だけ旧型よりアクセスしやすくなったのは確かだ。

残念な点は、液晶ディスプレイ上のEQのFREQ表示が、旧型のように
4つのEQが今どこにあるのかが縦線で一目瞭然になっていない事だ。
新型は縦線が選択中のEQの分しか表示されないので、情報の視認性が旧型
より悪くなっているのが残念だった。

FREQは旧型よりも細かく設定する事ができる、それからLEVELの刻みが
旧型の0.5dbから0.1dbになったので、より細かい設定が可能になった。
そこから派生したデメリットは、希望する値にセットしずらい事がある事だ。
なにせ0.1db刻みなので、普通にそのまま入力していたのでは、なかなか希望
の値にたどり着けないので、速く回すと値が大きく動き、チマチマ動かす
と0.1db刻みで値が変わるという方式になっている。この操作感覚を掴むの
にしばらく使い込みが必要ではある。

その他は、旧型では省略されていたり、複合する事で操作していたパラメータ
や機能が、新型ではなるべく1回の操作で機能するようにボタン類がかなり
増えていて好感がもてた。特にSOLOスイッチが各CHについたのは
大きな進歩と言えるだろう。

<次回に続く>
posted by 橋本彦士 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186931879
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック