2019年12月18日

■今更02R96のレビュー その1(再掲)


今更需要があるとも思えないんですが、自分のメインミキサー
YAMAHA 02R96 のレビューを過去の自分のBLOGから引っ張り出して再掲します。
長文過ぎるので数回に分けています。

今でも現役で使っていますし、そして今でもロングセラーの現行機種です。
もしよかったら参考になさってください。
時代に即さない表現もあるかもしれませんが、その辺りはご勘弁を。

ちなみにオーツーアールのオーはアルファベットの「O」ではなく数字の「0」と
書いてオーと読みます。

■公式サイトはこちら
https://jp.yamaha.com/products/proaudio/mixers/02r96vcm/index.html

-------以下再掲レビュー部分-------
長年使ってきたYAMAHAのミキサー02Rを
02R96にリプレースした。意外にも比較レビューを見かけないので自分
の理解の及ぶ範囲で何回かに分けてレビューしてみよう。
今日はサンレコ口調に挑戦!!

便宜上02Rを旧型、02R96を新型と呼ぶことにする。

ではでは、まずは外観から、
新型のボディーは旧型の灰色ベースから紺色ベースに変わった。ところどころにブ
ルーや黒のワンポイントを配置してある。外観で感心したのは、黒やブルー
のワンポイントの塗装部分は良く触る部分に当たるのだが、この塗装の塗り
の厚みが増していて、長年の使用に耐えうるようになっている事だ。

LEDも旧型の赤の単色から、オレンジと緑の2色に変更されていて視認性が
増している。それから4バンドEQの情報が液晶ディスプレーとは別に、4つ
のLEDディスプレーパネルに常時表示されているのも大きな違いだ。
旧型の液晶ディスプレーの周りにはマスターレベルメーター、シーン#、
セレクトチャンネル#があったが、新型はシーン#が右下に移動して、
セレクトチャンネル#のLED表示とマスターレベルメーターが無くなっている。

マスターレベルメーターはメーターブリッジにあり、不要だと思うので
省略されたのは良いとして、セレクトチャンネル#が省略されたのは残念な
ところだ。当然の事ながらセレクトチャンネル#は液晶ディスプレイには
常時表示されているが、デカデカと数字が出ているところが視認性を増して
いたのだ。しかしながら新型は内部で自由なルーティングができるので
セレクトチャンネル#を表示する事でかえって混乱を招くので省略されたのだろう。

ボタンは、ひし形ボタン(◇<--こういう形)をところどころに採用していて見映
えが増している。ボタン部分で感心したのは、良く使うであろうカーソルやエン
ターのスイッチには頑丈そうな部品を使っている事だ。
いかにも業務用のゴツイ部品なので、旧型より耐久度はかなり上がっているはずだ。
それから、レコーダーの再生などをコントロールするスイッチ類が追加されていて
ミックス作業時には重宝しそうだ。こちらも、ゴツい部品のスイッチになってい
て使用頻度を考慮した設計になっている。

大きさは横幅と奥行きは旧型と同じだが、旧型より縦方向の厚みが増しているくらいで
音の入出力の構造ともに旧型と大きな差は無い。
なので旧型から新型への移行は場所の置き換えと繋ぎかえだけでほぼ済むので
とても楽だ。

<次回に続く>

posted by 橋本彦士 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186931873
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック