2006年10月20日

ファルコン完成!

ファインモールド製のミレニアムファルコンを昨年末に入手。
そのまま多忙モードに突入して数ヶ月放置した後にようやく着手。
なんだかんだで半年くらいかかった。

DSCF0444.JPG

汚しがちょっと淡泊な気もしないでもないが、おおむね満足な
出来かも。
900個ものパーツを組むだけで大変なのに、更に電飾にも着手。
資料をもとに白LED、光ファイバーを埋め込んで、エンジン部分
は、流行りの冷陰極管で発光させている。コクピット、ヘッドライ
ト、下部の非常灯のようなもの、スポットライト、エンジンの
各セクションはスイッチを5個付けて、任意の組み合わせで発光
させる事ができるようにした。
スイッチは見えないところに付けて、雰囲気を損なう事がない
ように配慮。

DSCF0384.JPG

後ろはこんな感じ。
写真だとわからないが、フライパン並にデカイ(笑)
だいたい40cmくらいかな?

結局映画の中では、ここがブルーに光るのってエピソード4の
ほんの1カットだけなんだよなぁ。これ以降のシーンは
白に光っていたけど、個人的にはブルーが好きなのでこ
の色に決定!暗闇では妖しい光を放っている。

DSCF0446.JPG

発光中はこんな感じ。
本当は壁掛けタイプに改造してあるのだが当面は出窓に据置。
電源はミキサーと同じパワーディストリビュータに接続して
いるので、仕事中に光るようになっている。

DSCF0438.JPG

せっかくフィギュアが付いていたので、こんな風にジオラマ
もどきに。エピソード4の最後の方の名シーン。
実はコクピットには、エピソード5仕様のハンソロと、
レイア、チューイ、C-3POが乗っているので、ハンソロと、レ
イアが二人いることになる。タイムパラドックスだ(笑)



posted by 橋本彦士 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル・模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1491500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック