2019年12月18日

■今更02R96のレビュー その6(再掲)


YAMAHA 02R96 のレビューを過去の自分のBLOGから引っ張り出して再掲します。
今回はその6。いよいよ最終回。

----以下再掲部分----

次はアナログ入力のヘッドアンプ(HA)部分と全体の出音に迫ってみよう。
音に関しては大進歩だ。旧型に比べると、音がクリアですっきり前に
出てくる。旧型は中音に妙なクスミのようなものが感じられたが、
新型のHAは重低音から高域まで綺麗に音が出る。透明シートを
2、3枚どけたような感じで音像がくっきりと前に出てくる、しか
も妙なクセも無く、音の輪郭もクッキリと出てアタックも恐いくら
いに良い。これは、かなりの好印象だ。

ADAT端子からデジタル入力された音も、同じようにまっすぐに
クッキリと聴こえる。ここに「真にトランスペアレントな音」とい
う新型のキャッチフレーズのこだわりを感じた。キャッチフレーズ
に偽りは無い!

ProToolsの888/24とHD192の出音を聴き比べた事があるのだが、
まさにその違いに似た印象がある。888は太く感じられる。各チャ
ンネルを混ぜていくと中音域で音がダンゴ状態になるが、HD192は
アタックのくすみや妙な音のクセも無く、そのままの音が綺麗にスト
レートに出る。888のように音がダンゴになって適当になんとなく
混ざりやすいというのが好きという人もいるので、単純に好みの
問題だろう。

話を02R96に戻そう。こんなクリアな音が各チャンネルから入っ
てくるのだから、ミックスの様相もガラリと変わる。各チャンネルの分離が
あまりにも良いので、適当にやっていると取ってつけたような足し算
の音になってしまう。しかも重低音は良く出るわ、アタックもカッチリ
出るわで、全体の音を馴染ませるのが最初は大変だった。
今までは、旧型のくすんだ中音のダンゴと適当に丸くなるアタック
に助けられて、あやふやにしていた事がわかった(笑)
これが良いのか悪いのかは好みが別れるところだろうが、筆者は大
変気に入っている。

きっと、ウン千万もする高いミキサーでのミックスも、このくらい
細心の注意を払うものなんだろうと痛感した。逆にこのコストでこ
れらの体験ができるのはありがたい事だ。

ミックスしてできあがった音は、今までとはあきらかに違う。
新型は透明感と分離感と音像の深みが増している。
デジタル卓でありながら、どことなくアナログ卓でミックスしたか
のような浮遊感や高揚感のようなものが感じられる。

さてさて、4回に渡って比較レビューを掲載してきたが、参考にな
っただろうか。

思えば、旧型が出た時はマックは68000からPowerPCへの過渡期
だったし、WINDOWSだって300Mhz前後で動いていた時代だ。
それを思えば楽器に使われているDSPの性能も雲泥の差である事
が伺える。

新型に移行したとはいえ、旧型は旧型でまだまだ現役でがんばれる
程の機能を備えている。出音はそれなりにクセはあったが、悪くは
なかった。移り変わりが激しい電子機器でありながら、7年も現役
で使える事は凄い事である。02R(旧型)もまた良いマシンなのだ。

昔はDSPで必死にやっていた事も、余裕でできるようになっただろ
うし、その余った処理能力でアナログの挙動をある程度真似る事ができる
ようになった。
その進化がふんだんに詰まったO2R96は、出音も含め、お世辞抜き
でとても良いミキサーだと言えるだろう。

<終わり>

posted by 橋本彦士 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

■今更02R96のレビュー その5(再掲)


YAMAHA 02R96 のレビューを過去の自分のBLOGから引っ張り出して再掲します。
今回はその5。

-------以下再掲部分------

引き続き02R(旧型)と02R96(新型)の比較レポだ。
今日はダイナミクス系のレビューから始めてみよう。

旧型が出た当時、ミキサーの選択肢は非常に限られていた。
時代はまだアナログミキサー全盛で、02Rはその中にあって大変
インパクトのある商品だった。性能やコスト面で群を抜いて際立っ
ていた。この価格帯でチャンネル毎にコンプが搭載されているなん
て夢のような出来事だったのだ。当時にもアナログ卓にチャンネル
毎にコンプがついているものはあったが、それはウン千万もする高
級なミキサーだけだった。

例えばチャンネル毎にコンプがついていない中堅どころのアナログ
卓を導入したところで、O2Rに内臓されているチャンネル数分の
コンプを揃えたらどれだけのコストがかかるだろうか。

しかしながら、これだけの数のダイナミクスエフェクトがついていて
も落とし穴があった。旧型はノイズゲートとコンプはどちらかを選
択する方式で、併用できなかったのだ。しかもコンプをかけたい機
材に限ってノイズが多い。

特にリズムマシンは、パラで沢山のチャンネルを使用する事が多いので、
マスターに混入するノイズも使用チャンネル数分増えてしまう。し
かもコンプレッサーを使うと、どうしてもダイナミクスレンジが狭
められて、ノイズも増大する。

コンプでノイズ増大>だけどゲートは使えない>ノイズが増える
の悪循環だったのだ。
更に旧型はコンプの効きもイマイチだった。いやカッチリ効いてい
るのだが、アタック部分が数学的で、音楽的ではなかった。
なので「無いよりは良いか」程度の使用法しかしていなかった。

しかしながら新型はこれらの部分に大改良を施している。
操作性の向上は過去のレビュー通りだが、その操作性に加えて、
ノイズゲートとコンプレッサーが各チャンネルに独立して設けられ
ている事が大変うれしい!
さらに驚くべき点は、そのコンプの効き具合だ。旧型と比べて大変
効きが良く、音楽的で、アナログコンプっぽい挙動をしてくれるの
で大変使いやすくなっている。
各チャンネルにゲートをかけながらコンプをかけられるというのは
大進歩だ。

新型にはアドオンエフェクトというオプションがあり、いろいろな
ダイナミクス系エフェクトやEQ、リバーブなどを追加する事がで
きる。
こちらは主にマスタリングを意識した仕様になっていて、更にアナ
ログっぽい挙動をシミュレートしてあるとの事なので、いつか入手
したらレポをする事にしよう。

次はEQの出音部分に触れてみよう。
その操作性の違いに多少戸惑いがあるものの、パラメータを直接弄
れる確率が増しているので、慣れてくれば快適になるだろう。

肝心の出音の方は、新型は「TYPE I」と「TYPE II」
の2種類のアルゴリズムが用意してあり、適宜切り替える事ができ
る。「TYPE I」は今までのデジタルミキサーで使用していた
アルゴリズムで「TYPE II」は今回新たに追加されたアルゴ
リムズである。

「TYPE I」はとてもデジタルな効きで、ピンポイントにかけ
て、かっちり音作りしたい時に向いている。これは旧型と同じ挙動
だ。それに対して「TYPE II」はざっくりとかかり、アナロ
グ的な挙動をするので、聴いた時の違いが解りやすいので、使いや
すいと思った。この辺は好みと対象となる音に応じて適宜切り替え
るのが良いだろう。このように選択肢が広がるのは良い事だと思う。
あえて旧型のアルゴリズムも搭載されている事も好感がもてた。
新型にリプレースしたあとに旧型でミックスした素材をリミックス
する時に音の復旧が楽になるだろう。

<次回に続く いよいよ最終回>
posted by 橋本彦士 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

■今更02R96のレビュー その4(再掲)


YAMAHA 02R96 のレビューを過去の自分のBLOGから引っ張り出して再掲します。
今回はその4。

-------以下再掲部分------

今まで「続きのレポートはまた後日」と書いて、それっきりというのが
多かった。いやそればっかりだった(笑)
今回は珍しく飽きずに続けているな。うん。えらいぞ。おれ。

ということで、今回からは肝心の出音の面に迫ってみよう。

まずは、新型の大きな構造の違いから先に述べてしまおう。

新型はミキサー内部の音声信号を自由にパッチングできるように
なっている。たとえば、24chのフェーダーにアナログ入力のch1に
入った信号をパッチングしたり、オプションボードからの入力を
好きなフェーダーにアサインしたり、BUS1のアウトをデジタルアウト
に繋いだり、更に各チャンネルに好きな名前を付けられるようになっており、
かなり自由度が高い設計になっている。

つまりは自分がやりやすいようにカスタマイズできるようになっている。
うまくカスタマイズすれば、LAYERの行き来を最小限に抑えて迅速に作業
ができるようになるのだ。

旧型ではオプションボードでI/Oを拡張する時は、オプションボードを
差すスロットに制限があったが、新型ではどこにボードを差しても良い。
SLOT1のチャンネル1の信号を本体チャンネル1にアサインして、
SLOT3のチャンネル5の信号を本体チャンネル2にアサインする
という事が可能になっている。

次はエフェクト系。
旧型では内蔵エフェクターが2基搭載されていたが、2基となると
コーラスとリバーブ、ディレイとリバーブ、のような基本的な組み合わ
せになってしまい、飛び道具的なエフェクトを使いたい場合はどうしてもア
ウトボードに頼らざるを得なかった。
新型では4基のエフェクターが搭載されているので、リバーブ、コーラス
に加えて、更に飛び道具的なエフェクトを使用できるようになっている。
場合によってはエフェクト面は内部完結させる事ができるだろう。
4基中1基はサラウンドエフェクトに対応しているのもポイントだ。

旧型に比べ各エフェクトのバリエーションは減っているのだが、その代わり
にマルチバンドコンプレッサーなどの今までになかったエフェクターが
増えている。
エフェクトの利きも旧型に比べるとなかなかだ。旧型のコーラスやリバ
ーブはデジタル的で、綺麗ではあったのだが、いまいち線が細く、効果
が今ひとつだったが、新型のエフェクトは全体的に音が主張している。

旧型同様AUXも8つあるので今まで通りアウトボードを使う事もでき
る。更にAUXも自由にパッチングできるのでデジタルアウトにパッチン
グしてデジタルのまま音を加工する事も可能だ。

インサートエフェクトも全チャンネルに渡り可能で、インサート端子に
機材を繋げたまま即座にインサートのON・OFFが切り替えられるよ
うになった。
アナログのインサート端子は1chから16chに限られるが、
デジタルイン/アウトや、オプションボードで拡張したI/Oもイン
サートにパッチングできるので、困ることはほぼ無いだろう。

その他には、各CHにディレイが搭載されているのは旧型と同じなのだ
が、新型では旧型になかった[MIX]、[FEED BACK GAIN]のパラメータが
追加になっている。旧型のディレイは左右に広げるとか、タイミング補正
程度にしか使えなかったが、新型はエフェクターのディレイとしても使用す
る事が可能になった。

今日はここまでにして、次回はダイナミクス系のレポをする事にしよう。

<次回に続く>
posted by 橋本彦士 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

■今更02R96のレビュー その3(再掲)


YAMAHA 02R96 のレビューを過去の自分のBLOGから引っ張り出して再掲します。
今回はその3。

-------以下再掲レビュー部分-------

意外にサンレコ口調は難しいのだ!!
あの煽るような小気味良い口調はなかなか真似できないものだ。
たいてい冒頭に本題に関係ない話が少しあり、オチが来た後に本題
というパターンが多い(笑)

--
引き続き比較レポを掲載する。操作編の前回の続きから行ってみよう。

EQ操作に関しては前述したが、ひとつ思い出した事があるので書い
ておこう。
旧型のEQはFREQボタンをダブルクリックする事で数値が即座に
ゼロになる機能があり、これが意外と便利だった。
新型にはFREQボタンが無いので、これを再現するのは難しいかも
しれないが、エンコーダーのひとつがボタン付なので、これをダブル
クリックする事で数値がゼロになるというのもアリだと思った。

次はダイナミクス系に移ろう。
コンプレッサーやゲートなどのダイナミクス系の操作に関して新型は
大進化を遂げている! なにせコンプの各パラメータに専用のエンコ
ーダーが付いているので、各パラメータに即座にアクアスでき、ON/OFF
も即座にできるようになっていてかなり使い勝手が良くなっている。
詳しくは後述するが、新型はゲートとコンプの併用も可能になっている。

次はパン関係。
「LINK,GRAB,EFFECT」などのボタンが表に出ているので、同じく
パラメータへのアクセスが向上している。従来のエンコーダに加え、
サラウンドパンニングの位置を編集できるジョイスティックが付いている
ので、前後左右の位置を即座に合わせる事ができる。
オートサラウンドパンも装備し、様々なパターンで音像を移動させる
事が可能だ。

パンは従来のエンコーダーによるエディットとパラメータホイールによる
エディットの他にエンコーダーモードを「PAN」にアサインした時に
もエディット可能になっているので、これもまた旧型よりもアクセスが
容易になっている。

エンコーダーモードとは各chについているエンコーダーに特定の
機能をアサインできる機能だ。旧型ではレイヤーの裏側になっているCHの
ボリュームを変えたりする事ができた。
新型は現在表になっているレイヤーの各CHの「PAN」や「AUX」の他
任意に2種類のパラメーターをアサインしてエディットできるようになった。

更に特筆すべきは、このエンコーダーはボタン付になっていてエンコーダー
を押すことで、アサインされたパラメータを液晶ディスプレー上に一定時間
表示する事ができる。セレクトチャンネルを変えないまま、パラメータの確
認にも使用でき、かなり便利な機能だ。

内蔵エフェクトのパラメータエディットも大きく進歩している。
旧型はカーソルキーとホイールによるエディットしかできなかったが、新型
では液晶ディスプレイ前についているボタンとエンコーダーで迅速にパラメ
ータをエディットできるようになった。

AUTOMIXに関してはいつもシーケンサーに流してしまうので、使う機会
があまり無いのだが、マニュアルを読むかぎりではかなりの改良が施され
ている。AUTOMIXの状態を示す各CHに設けられたAUTOボタンを使用
したり、タッチセンサーを用いた独特の入力方法(カットイン)なども
できるようになったので、より複雑オートメーションが組めるように
なった。

その他には、チャンネルのレイヤーボタンの切替に「REMOTE」モードが
追加され、02R96のフェーダーをDAWや音源のコントロールに使うこと
ができるようになっているので、ProToolsとの連携もバッチリだ。筆者は
マウスでのミックスが苦手なので、こういった心配りはニクイところだ。

操作編の総括としては、パラメーターへのアクセス方法が全体的に増え、
音の作り込みが容易になっているのが特筆すべき点だ。このおかげで
明らかに操作性は向上している。
旧型ではダブルクリックで0セットや、同時押しでペアーになるなどの、
ある意味裏技に近い操作(筆者はこういうのは好きなのだが(苦笑))
をなるべく排除して解りやすいユーザーインターフェイスを目指した事が伺える。

操作編は以上にして(思い出した事があったら補足するかもしれない。)
次回からはソフト面や出音に関するレポートをしてみよう。

<次回に続く>
posted by 橋本彦士 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

■今更02R96のレビュー その2(再掲)


YAMAHA 02R96 のレビューを過去の自分のBLOGから引っ張り出して再掲、
今回はその2回目。

-------以下再掲レビュー部分-------

次に操作系、
ユーザー定義可能なファンクションキーが16個ついていて、ここにはよく使う操作
を自由にアサイン可能。その他、曲のロケーターポジションのジャンプスイッチが
8個ついていて利便性が上がっている。

フェーダーに関しては、旧型は17chから24chまではステレオペア扱いだっ
たので(20+1)本のフェーダーがついていた。新型のフェーダーはタッチ
センス付のムービングフェーダーが(24+1)本ついているのでかなりの進化だ。
タッチセンサーは、勝手にチャンネルが切り替わるので、最初はとまどうが、使い
慣れてくると便利な事に気がつく。フェーダーの操作感や動きや音も旧型と比べる
とかなり滑らかになっている。旧型はレイヤーを切り替えると「ザッ!!」と
いうフェーダーの移動音がしていたが、新型のそれはとても静かで滑らかだ。

旧型はAUXのボタンを押すと即座にフェーダーが動いてAUXのセンドレベルを
示したが、新型では「FADER」ボタンと「AUX」ボタンでモードを切り替える
必要がある。

EQの操作部分も大きな変更がなされた。旧型は「FREQ,Q,LEVEL」
の3つのノブと「LOW,LOMID、HIGHMID、HIGH」の4つの
ボタンでパラメータを操作していた。要はノブは各EQで同じものを
使い、ボタンでエディットしたいEQをセレクトするという2段構えだった。
あれはあれで操作するときのストロークが少なくて済んだので楽は楽だった
が、やはりエディットしたいバンドにたどりくつまでの操作回数が増えて
いたのは事実だ。

対して新型は「LOW,LOMID、HIGHMID、HIGH」の各バンドに
2つのノブがついているので合計8個のノブで操作する。
「あれ?EQのパラメータは3つじゃ?」と思うかもしれないが、ノブのう
ちの1つはプッシュスイッチがついていて、それでFREQとQを切り替える。
どうせなら3X4で12個のノブを並べてしまえば良かったと思うが、
パラメータが表に出ている分だけ旧型よりアクセスしやすくなったのは確かだ。

残念な点は、液晶ディスプレイ上のEQのFREQ表示が、旧型のように
4つのEQが今どこにあるのかが縦線で一目瞭然になっていない事だ。
新型は縦線が選択中のEQの分しか表示されないので、情報の視認性が旧型
より悪くなっているのが残念だった。

FREQは旧型よりも細かく設定する事ができる、それからLEVELの刻みが
旧型の0.5dbから0.1dbになったので、より細かい設定が可能になった。
そこから派生したデメリットは、希望する値にセットしずらい事がある事だ。
なにせ0.1db刻みなので、普通にそのまま入力していたのでは、なかなか希望
の値にたどり着けないので、速く回すと値が大きく動き、チマチマ動かす
と0.1db刻みで値が変わるという方式になっている。この操作感覚を掴むの
にしばらく使い込みが必要ではある。

その他は、旧型では省略されていたり、複合する事で操作していたパラメータ
や機能が、新型ではなるべく1回の操作で機能するようにボタン類がかなり
増えていて好感がもてた。特にSOLOスイッチが各CHについたのは
大きな進歩と言えるだろう。

<次回に続く>
posted by 橋本彦士 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

■今更02R96のレビュー その1(再掲)


今更需要があるとも思えないんですが、自分のメインミキサー
YAMAHA 02R96 のレビューを過去の自分のBLOGから引っ張り出して再掲します。
長文過ぎるので数回に分けています。

今でも現役で使っていますし、そして今でもロングセラーの現行機種です。
もしよかったら参考になさってください。
時代に即さない表現もあるかもしれませんが、その辺りはご勘弁を。

ちなみにオーツーアールのオーはアルファベットの「O」ではなく数字の「0」と
書いてオーと読みます。

■公式サイトはこちら
https://jp.yamaha.com/products/proaudio/mixers/02r96vcm/index.html

-------以下再掲レビュー部分-------
長年使ってきたYAMAHAのミキサー02Rを
02R96にリプレースした。意外にも比較レビューを見かけないので自分
の理解の及ぶ範囲で何回かに分けてレビューしてみよう。
今日はサンレコ口調に挑戦!!

便宜上02Rを旧型、02R96を新型と呼ぶことにする。

ではでは、まずは外観から、
新型のボディーは旧型の灰色ベースから紺色ベースに変わった。ところどころにブ
ルーや黒のワンポイントを配置してある。外観で感心したのは、黒やブルー
のワンポイントの塗装部分は良く触る部分に当たるのだが、この塗装の塗り
の厚みが増していて、長年の使用に耐えうるようになっている事だ。

LEDも旧型の赤の単色から、オレンジと緑の2色に変更されていて視認性が
増している。それから4バンドEQの情報が液晶ディスプレーとは別に、4つ
のLEDディスプレーパネルに常時表示されているのも大きな違いだ。
旧型の液晶ディスプレーの周りにはマスターレベルメーター、シーン#、
セレクトチャンネル#があったが、新型はシーン#が右下に移動して、
セレクトチャンネル#のLED表示とマスターレベルメーターが無くなっている。

マスターレベルメーターはメーターブリッジにあり、不要だと思うので
省略されたのは良いとして、セレクトチャンネル#が省略されたのは残念な
ところだ。当然の事ながらセレクトチャンネル#は液晶ディスプレイには
常時表示されているが、デカデカと数字が出ているところが視認性を増して
いたのだ。しかしながら新型は内部で自由なルーティングができるので
セレクトチャンネル#を表示する事でかえって混乱を招くので省略されたのだろう。

ボタンは、ひし形ボタン(◇<--こういう形)をところどころに採用していて見映
えが増している。ボタン部分で感心したのは、良く使うであろうカーソルやエン
ターのスイッチには頑丈そうな部品を使っている事だ。
いかにも業務用のゴツイ部品なので、旧型より耐久度はかなり上がっているはずだ。
それから、レコーダーの再生などをコントロールするスイッチ類が追加されていて
ミックス作業時には重宝しそうだ。こちらも、ゴツい部品のスイッチになってい
て使用頻度を考慮した設計になっている。

大きさは横幅と奥行きは旧型と同じだが、旧型より縦方向の厚みが増しているくらいで
音の入出力の構造ともに旧型と大きな差は無い。
なので旧型から新型への移行は場所の置き換えと繋ぎかえだけでほぼ済むので
とても楽だ。

<次回に続く>

posted by 橋本彦士 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽